施設Q&A(手続き)

手続きに関するQ&A


その他のご質問ご相談等ございましたら、お電話でお気軽にお問い合わせください。

1.入居できるのはどのような方ですか?
原則は介護保険の被保険者(要支援1から要介護5)と認定された方です。基準は以下の通りです
【入居基準】身体機能の低下により、常時介護を必要とされる65歳以上の方(概ね、60歳以上の方)常時医療機関で治療する必要の無い方(通院されてる方は程度によります)他のご入居者様に伝染する疾患の無い方(結核・疥癬など)申し込み時に当施設様式の健康診断書を提出していただきます。健康保険に加入されている方(または加入されている方の扶養家族の方)身元引受人を立てる事の出来る方。(身元引受人を立てることの出来ない方は相談に応じさせていただきます)自傷行為・他害の恐れの無い方。

2.入居契約の前の「事前訪問」とは?
日常生活習慣などをお伺いいたします。詳細は下記の通りです。
ご入居者様が当ホームで快適に過ごしていただく為や、看護・介護職員の立場から責任を持ってお世話させていただく為に、 ご家庭を訪問して下記の内容についてご確認させていただきます。この事前訪問は、調査ではございません。 職員全員が入居者様の今までの生活状況等をよく理解し、入居後すぐに快適な生活をして頂けるためのものですので、ご協力の程宜しくお願い致します。 なお、強制的に行うものではありませんので予めご了承下さい。ご本人の生活の様子最近の症状日常動作状況趣味食べ物の好き嫌い認知症状のある場合は、その状況ご家族様のご要望過去の日常生活歴

3.入居時に持病がある場合、認めるのはどの程度?
入院治療を必要とされない方であれば、入居対象とお考えください。
入居基準は質問1の通りです。
当ホームは、医療機関ではございませんのでご入居時に提出していただいた健康診断書にて「入院治療]を必要とされない方であれば、入居の対象内とお考え下さい。
まずは、お気軽にご相談下さい。

4.身元引受人は必要なのですか?
必ず必要です。
ご入居者様の病気・死亡・トラブル等のご連絡やご相談の為、金銭債務の処理、残置財産の引取り等の為に身元引受人は2名必要です。
どうしても身元引受人が2名立てられない場合はご相談ください。

5.身元引受人の役割ははどういうものですか?
連帯保証の責任やご相談窓口になっていただきます。詳細は下記の通りです。
ご入居者様の契約上の連帯保証責任があります。ご入居者様が病気や事故・入院・お亡くなりになった場合には、当ホームよりご連絡を差し上げますので、その場合のご相談窓口になっていただきます。ご入居後、他のご入居者様にご迷惑をおかけしたり、施設や居室を著しく破損するなど通常の介護ではお世話する事が出来なくなった場合、身元引受人様にお引取り願います。金銭債務の処理、残置財産のお引取りなどをしていただきます。

6.入居時預り金、月額利用料の内訳は?
入居預り金とは、退去時の居室補修費です。月額利用料については食費家賃管理費、介護保険一割負担金です。詳細は下記の通りです。
食費とは食材費及び給食業務委託費です。家賃とは居室利用料金です。管理費とは共用部の光熱費・維持費です。介護保険一割負担金とは介護保険利用額の一割負担義務です。入所時預り金は、ご入居者様が退去されるまで保管され、退去時に補修費等を差し引いた全額を返金いたします。それぞれの金額については料金のご案内をご参照下さい。

7.入居時預り金、月額利用料金に含まれない有料のサービスは?
下記の通りです。
居室内においての水光熱費及び電話料金オムツ代健康診断費用洗濯代(コインランドリー代等)理美容代(カット・シャンプー等)ご家族の食事代ご入居者のご要望にて、施設外への外出や買い物、病院などに行った場合の費用リネン費は1日80円×30日=¥2.400の個人負担となります

8.NHKの受信料はかかりますか?新聞の購読はできますか?
下記の通りです。
「当施設の居室」 =(イコール) 「ご入居者様の住まい(ご自宅)」ですから、受信も購読も自由です。
ただし、各業者との契約は個人契約で行っていただきます。

9.月額利用料・介護保険料一割負担金等の費用支払方法は?
支払方法は「当施設指定の銀行」での「引落し」です。詳細は下記の通りです。
当月20日に翌月分の月額利用料及び、前月分の介護保険料一割負担金やその他の費用を自動引落しさせていただきます。
(銀行が休みの場合は次日に引落しを行います)前月分の介護報酬利用者1割負担およびその他の費用支払は、 月末に締めて当月の15日までに請求書明細にてご入居者様またはご家族にお知らせいたします。

10.月額利用料等の費用は、一度入居すれば一定ですか?
物価変動等によっては、月額利用料等の料金を改定させていただくことがあります。詳細は下記の通りです。
必要に応じて料金を変更する際は、消費者物価指数や人件費の変動を指標にして資料を作成します。
その資料をもとに、事前にご入居者様とご家族の皆様からなる運営懇談会にて内容を報告した上で、料金改定が行われます。

病気で長期入院した場合、月額利用料金の支払は?
居室料・管理費・食費(調理に関する業務委託費)など維持管理に必要な固定費はお支払いただきます。詳細は下記の通りです。
専用居室を空けていつでも帰宅していただけるようにお待ちしておりますので、維持管理に必要な固定費用はお支払いただきます。
また、契約を解除したいとの申し出があるまで居室は、そのままの状態にて管理いたします。
(病院にお支払いされる医療費等と当施設の費用が同時にご利用者の方の負担となる為、長期入院の際はご相談下さい)
契約の解除及び退去の申し出があった後に、居室補修費等を差引いた入居時預かり金の全額を返金いたします。

12.退去時、居室の原状回復費用は?
入居時預り金から補修費用に充当いたします。入居時預り金の計算についての考え方については下記の通りです。
入居契約時にお預かり致しました「入居時預り金」にて居室の修復をさせていただいた場合の計算は修復実費等を差引き、 残金が発生した場合は、全額返金致します。
特に著しい破損があり、お預かり金額を上回る場合は、実費精算となります。

13.施設を汚したり、壊した場合は?
入居者の不注意等による破損、器具の破損や汚染に関しましては入居者様のご負担とさせていただきます。下記の通りです。
エアコン、洗面器具、介護用ベッド、ナースコール等の居室設備に関する修理は当施設がご負担いたします。 但し、入居者の不注意等による破損はご相談させていただく場合がございます。又、その他の器具の破損や汚染に関しましては入居者様のご負担とさせていただきます。
ご支払いにつきましては、月額利用料とご一緒に請求させていただきますが、入居時預り金から充当することも可能です。
入居契約時にお預かり致しました「入居時預り金」にて居室の修復をさせていただいた場合の計算は修復実費等を差引き、 残金は今まで通り退去時まで保管いたします。
修理費用がお預かり金額を上回る場合は、差額をご請求させていただきます。

14.途中退去する場合の手続きは?
解約届出書」をご提出していただきます。詳細は下記の通りです。
途中退去をご希望される場合、『解約届出書』をご提出頂き、これを受けてご入居者様と当社との間で解約を合意致します。
解約合意後に入居時預り金の清算を行い、残金が発生した場合は1ヶ月以内に返金致します。

15.施設の職員や施設の設備等が原因でケガなどをした場合は?
もしもの事故のために、損害賠償保険に加入しております。
もし仮に、職員や設備が原因でのケガや事故をおきた場合の賠償責任は、当然当社にあります。 その際に発生する費用は保険会社から支払われます。
そのようなことが無い様に努めてまいりますが、万が一の場合でもしっかりと対応できるように損害賠償保険に加入しております。

16.入居までの流れや手続きは?
もしもの事故のために、損害賠償保険に加入しております。
ご入居までの流れ をご参照下さい。

投稿日:

Copyright© 介護付有料老人ホームひかり , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.